映画「余命10年」主人公の病名は何?作者・小坂流加の実話を実写化

余命10年 病名

2022年3月4日公開、小松菜奈さんと坂口健太郎さんが出演する映画「余命10年」

数万人に1人という不治の病になり余命10年である茉莉と和人の恋愛をテーマにしたストーリーが切なすぎると話題を呼んでいます。

映画「余命10年」実話を元にしたフィクショです。

この記事では

映画「余命10年」主人公の病名は何?
映画「余命10年」は実話?
作者・小坂流加さんについて

を、ご紹介します!

レオくん

感動間違いなしの恋愛映画!公開が楽しみ!

★auスマートパスプレミアムに登録すれば、TOHOシネマズで毎週月曜日、映画が1,100円!

映画が1,100円!!

今だけ30日間無料!
>>今すぐauスマートパス無料登録
※au以外でも利用できます!

目次

映画「余命10年」主人公の病名は何?

映画「余命10年」の主人公である高林茉莉(小松菜奈)の病名は肺動脈性肺高血圧症であると考えられます。

レオくん

聞き慣れない病名ですよね。

以前は原発性肺高血圧症と呼ばれており、作者の小坂流加さんは原発性肺高血圧症を大学卒業後に発症したと紹介されています。

余命10年はフィクションですが、実話を元に制作されていますので、作者である小坂流加さんと同じ病気の設定にしているのでしょう。

小説「余命10年」の作中では病名についての表現がでてきます。

  • 臓器名と症状で組み合わされた漢字8文字の病名
  • 特定疾患に指定されている
  • 遺伝性の症例もある
レオくん

原発性肺高血圧症に当てはまるような気がしますよね。

このことからも、映画「余命10年」の主人公・高林茉莉の病名は肺動脈性肺高血圧症(原発性肺高血圧症)であると考えられます。

映画「余命10年」の主人公の病気「肺動脈性肺高血圧症」はどんな症状?

肺動脈性肺高血圧症とは、心臓から肺に血液を送るための血管である肺動脈の圧力(血圧)が異常に上昇してしまう病気です。

全身への酸素供給が上手くいかず、息苦しさや体のだるさを感じる・すぐに疲れてしまう・めまい・意識が無くなるなどが症状のようです。

さらに病状が進むと、胸痛・呼吸困難・喀血・ショック症状などを引き起こすそうです。

レオくん

作者の小坂流加さんは原発性肺高血圧症で2017年に亡くなられています

突発性や遺伝性など、様々な症例があるようですが、いずれも詳しい原因は判明しておらず、難病指定されています。

映画「余命10年」は実話?

映画「余命10年」はフィクションです。

しかし、主人公は作者と同じ病気の設定であるなど実話を元にしていると思われます。

さらに映画の監督である藤井道人監督は作品に作者・小坂流加さんの想いを映画に込めようと原作とは異なるアレンジを加えています。

小坂流加さんの家族から聞いたエピソードや小坂流加さんの夢などの想いを作品に乗せて、小坂流加さんの生きた歴史をストーリーに重ね合わせているのです。

そのため、映画「余命10年」はフィクションありノンフィクションであると言えるでしょう。

レオくん

監督や作者だけでなく、色々な人の想いが詰まった作品なんだね!

created by Rinker
¥550 (2022/10/03 17:32:22時点 楽天市場調べ-詳細)

作者・小坂流加さんについて

作者の小坂流加さんは、1978年に生まれた静岡県三島市出身の小説家です。

大学卒業後、原発性肺高血圧症を発症しています。

小説家デビューの作品は『余命10年』で、自費出版として文芸社に持ち込んだところ書籍化が決定したそうです。

念願の小説家デビューでしたが、小坂流加さんは「余命10年」の文庫版発売を待たず2017年の2月、38歳という若さで惜しくも逝去されています。

小坂流加さんのデビュー作である「余命10年」は発行部数50万部、SNSを中心に「切なすぎる恋愛小説」として反響を広げています。

レオくん

小坂流加さんの作品は多くの人に伝わり生き続けているんだね!

現在、小坂流加さんのパソコンに残されていた作品「生きてさえいれば」も販売されているので、気になる方は是非読んでみてください。

created by Rinker
¥682 (2022/10/03 17:32:22時点 楽天市場調べ-詳細)

また、映画「余命10年」ロケ地・撮影場所には小坂さんの出身地である静岡県三島市も使われています。

★映画「余命10年」ロケ地・撮影場所についての情報はこちら!

映画「余命10年」主人公の病名まとめ

映画「余命10年」の主人公の病名について調べてみました。

映画の予告などで病名は判明していないようでしたが、作者の病気や原作にある表現から

主人公・高林茉莉の病名は肺動脈性肺高血圧症。

であると予想します。

また、「余命10年」は実話を元にしたフィクションであることがわかりました。

フィクションではありますが、主人公と作者・小坂流加さんは同じ病気であり、監督が小坂流加さんの生きた歴史をストーリーに重ねています。

そのことから、映画「余命10年」はフィクションであり、ノンフィクションの映画と言えるのではないでしょうか。

映画「余命10年」の公開日は2022年3月4日。

レオくん

公開がとっても楽しみですね!

★auスマートパスプレミアム無料登録で、映画が毎日お得に鑑賞できる!

auスマートパスプレミアムに無料登録すると、ムビチケオンライン券が実質500円で買えるキャンペーンを実施中。

auスマートパスプレミアムには30日間の無料期間があるので、映画鑑賞の他にもさまざまなクーポン、特典をお試しできますよ!

映画が1,100円!!

今だけ30日間無料!
>>今すぐauスマートパス無料登録
※au以外でも利用できます!

目次
閉じる